忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

売るしか主人を



柏宮家に長く仕える執事、柳川の息子が、バルダリウム(小さな温室)に居る主人に声を掛けた。柏宮家次男、基尋よりも二歳年少で基尋の側小姓を務めている。名を浅黄という。

「若さま。旦那さまがお呼びです。」

「ありがと、浅黄(あさぎ)。ねぇ、君は父上達と一緒に、秩父の田舎に引っ越すのではなかったの?」

浅黄と呼ばれた少年は、きゅっと唇を噛んで怒ったように年若い見つめた。温室で咲いた大形の白百合の花を抱えていた。

「……浅黄はどこにも行きません。父上と別れても、終生、若さまの元に居ります。」

「そう……?でももう、お父さまは、浅黄にお給金も出せなくなると思うの。金庫が空になってしまったら、柏宮家も他所と同じように屋敷をないかもしれないね。ぼくも浅黄や命婦(女中)の手を借りずに、自分の事は何でもできるようにならないといけないって思ってるんだよ。」

若さまと呼ばれた柏宮基尋はふふっと笑った。その横顔は、あくまでも清浄で凛として抱えた白百合のように美しかった。既に吹き荒れる嵐に諦めの色を浮かべているようだと、柳川浅黄は思う。
大好きな主人の身に、これからどれほどの災禍が襲い来るのかと想像して、思わず浅黄は身震いした。

「若さま。浅黄は何が有っても若さまのお傍に居ります。決してお傍を離れません。どこまでも、ずっとお連れ下さい。」

「ありがと、浅黄。ずっと一緒に居てね。このお花を、応接間の花瓶に活けておいてくれる?おたあさま(お母さま)がお好きだから。」

「……とうとう、進退窮まってしまったよ。先祖伝来の土地を全て物納することになりそうだ。金庫の中に在る金は、価値の無いただの紙くずになってしまった。」

「……そうですか。暎子お姉さまから頂いたお金を納めても、足りなかったのですか?」
PR

気がいは必

「……はい。そればかりか冬月さまは、金剛に生きがいとなる大切な宝物を託してくださいました。」

「それは、ぼくのこと?今も、金剛にはお父さまだけ如新nuskin產品なんだね。知ってるよ、金剛の大切な時計の裏蓋にお父さまの絵があること。」

「……冬月さまは、金剛の全てでした。昏い過去も何もかも知って、この手を求めてくださいました。」

忠実な執事は、真摯に真実の愛を語った。

「お父さまのキスだよ……金剛。」

ついと傍に寄ると、月虹はためらいもなく金剛の首に腕を回した。

「愛しているよ、金剛。ありがとう……きっとお父さまも、そう言うよ。」

ふいに、ぼろぼろと金剛の双眸から涙が堰を切って溢れた。

「お別れですね……月虹さま。」

冬月さま……。金剛はお役目を終えたreenex CPS 價錢たします。もう、月虹さまに要ありません……

心の内でつぶやいた金剛に、ゆらりと儚げな冬月の微笑みが揺れる。
別れの時が近づいていた。

*****

その夜遅く、月虹は身の回りの物だけを持ち、仙道家を後にした。
大切なものを失った今、自分が自分で居るために、月虹には一人の時間が必要だった。
金剛の勧めるまま、当てもなく家を出た月虹は、この先、大切な人たちと出会う事になる。

朝食に出てこない月虹を案じた祖父、仙道家当主は、予期していたかのように「そうか……」とだけ口にした。

差し出された名刺には、仙道家筆頭執事、金剛蘇家興氏郷(こんごううじさと)と書かれてあった。涼介の知らない月虹の顔を知る男だった。

「兄貴……の家の執事さん?」

膠原自生を作るのれており

主さんと呼ばれた雪華花魁の馴染み澄川は、桜色に染まった泡沫の愛人の背中に手を回し、確かめるように撫ぜた。芳しい長い髪がうねり、薄く汗をかいた背中に張り付いて筋を作る。 くんと下から腰を突き入れられ、息を詰めた雪華は白い喉を見せた。 「わは、そう言うお前が可愛くてならないのだがね。」 「わっちは……ささめを見ていると、自分を、見ているような……気がするでありんす……」 「そうかい。小さな荷物を抱えて、私の前で挨拶をしたあのころのお前のようかい。大きな目にいっぱい涙をためて、いじらしかったねぇ。」 「あ……い。年の頃も同じでありんす。主さんに助けていただかなかったら、わっちは今頃どこぞで野垂れ死んでいたでありんしょう……星の光も見えない暗闇で、朽ち果てるのを待っているばかりでありんした。」 雪華花魁はくっとのけぞると、昂まった相手を更に奥へと深く飲み込んだ。 澄川の目の前に対面座位で乱れる雪華の艶めかしい肢体が、白木蓮の花のようにほの白く揺れる。 「あ……ぁ、主さん……わっちのいいところに……あぁ……もっと、主さんをおくんなまし。」 「こうかい?雪華……駄目だよ……、そんなDream beauty pro 脫毛に締め付けては早くいってしまうよ。」 澄川は雪華の顎を捉えると、口腔を蹂躙した。やがて雪華は身体をずらすと、澄川の下肢に顔を埋め屹立した雄芯に口淫を始めた。 「んっ……んっ……」 懸命に励む雪華の背に澄川は手を伸ばし、「雪華、もういいよ。十分だ。」と声を掛けた。 達していない澄川に、怪訝な瞳を向けた雪華に、お前は……と澄川は優しい目を向けた。すりすりと雪華は澄川の腕に頬を寄せた。 「現に大事な間夫(こいびと)がありながら、情が深いね、雪華。いつでも代わりに身請けしてあげようと言っているのに諾とは言わないのだね。わたしに借りはいやかい?」 「勿体無いことと思っておりんす。なれど、そこまで主さんに甘えては、申し訳もありんせん。わっちの、突出しも水揚げも花魁道中も、みんな主さんが、たんと御金を使って下さいんした。主さんの御蔭で、雪華は大江戸一の果報者と二つ名で呼ばんす。主さんはこの雪華にとっては、命の恩人、親兄弟よりも大切な御仁でござりんす。これ以が当たりんす。」 わたしはお前に、もっと甘えて欲しいんだがね……と、澄川は笑った。どうやら澄川の前では、雪華は子供のようになってしまうらしい。 「ほら、その桜貝のような口が、毎度可愛らしいことを言う。どうしてくれようか?」

全力營造的

所謂的生活,不過是由許多的瑣碎拼接湊成的一大段光景,有的美麗光鮮,有的破壁不堪,不論有著怎樣的外表,這都是我們用盡全力營造的,都該認真的觸摸,感受康和堂-康婷清脂素秘方


  本來并沒有打算寫些什么,只不過偶然間看到了很多已經許久未曾接觸的文字,一時間心癢,手癢。坐下來,對著打字的左手呵一口氣,然后思索一下,要寫點什么?還是從生活說起?那生活要怎么說呢?看吧,頭腦越來越空蕩了,人也越來越安于現狀了。早上掙扎著,仿佛坐臥在刀山火海一樣的起床,痛苦不堪的同時,再一次下定決心,今晚一定要早睡。然后不停地看手機,為的就是再多溫暖一分鐘,直到再不起床就遲到了的時候,猛地跳下床,在11月寒風料峭的季節里,穿著黑色性感小內褲全身赤裸著雙手叉腰,對著窗外朦朦的世界,做出一個國際通用的鄙視手勢,然后很淡定的說:傻逼世界,老子又站起來了。之后……之后用最快的速度縮回被窩,暖暖身子先康和堂優質-康婷清脂素


  洗臉時,發現嘴唇上起了一個很大的火泡,一碰就好像被燙了一樣的疼,大概是最近火氣太大了吧,在這個季節也能上火,不得不佩服我已經失調多年的新陳代謝。勉強洗漱結束,然后又郁悶了,因為我又猛然間發現沒有什么衣服穿了,除了沒洗就是不能御寒不能給我溫暖的了,最后在糾結中把幾件夏天的衣服套了幾層。然后拿了書,奪門而出康和堂之康婷清脂素


  在路上,給親愛的發了條信息,大概意思就是沒衣服穿了,該買衣服了,然后提醒她吃感冒藥。一路飛馳,在路過公園的公共廁所的時候,進去整理下發型,雖然一頭卷發基本沒什么形狀可言,可是還是要在沒型之中力求一個基本發型。生活么,就得學會自己給自己找樂趣,不然當身邊只剩自己的時候,會郁悶的香港牛栏奶粉 2013年事件

  還是有很多感想的,可是大多時候都是突然一現,等到有時間想去記錄下來的時候,搜做記憶,卻找不到了。我們就是如此的善忘。

  一直都想養一只烏龜,然后把這個變成一種習慣。在不是很久的時間里,我似乎丟失了很多的習慣,丟得太多了多到現在自己都不習慣了。至于想養一只烏龜這件事,很久之前就有這個想法了,奈何各種原因導致一直遲遲不能實現。我一直就覺得,人還是要養一只什么東西比較好,除了可以帶給我們一些樂趣之外,看著一只小生命在自己的手中健康的成長,這會讓我們的心靈安寧很多。特別是烏龜,當你看到它做什么事都不急不緩的時候,再想想我們為了各種瑣事忙碌奔波的樣子,呵呵,會有一些什么感想吧。

  在很多人的眼里,我一直都是不怎么上進,不怎么積極的人,永遠是一副事不關己的摸樣。這個我承認,因為也許我的生存觀和大多數人有著本質的區別,不能說誰對誰錯,永恒和瞬間,各有各的魅力和意義,而我追求的,是讓自己感悟生命,把世界裝在心里而不是為了世界走在心的前面。好吧,我確實不是很上進。但我同樣有自己的底線,至少為了某些人某些事,我還是會去拼命的。畢竟,也同樣是個男人,堂堂正正的男人啊。

  除了夢想,我沒什么野心,就算是現在我一無是處的時候我同樣未曾放棄過夢想,我知道人不能靠夢想活著,可是連夢想都沒有,那你還有方向么?

  其實,我還是很渴望和親愛的,一起去旅行的,被學校被學習被分數束縛了將近二十年之久,終于束縛解除,為什么不去自由的奔跑一下呢?不然,很快就會被工作和生活束縛住的。人是沒有真正的自由的,從出生開始就失去了自由,而我們能做的也就是在束縛松懈的時候,盡全力的自由的飛馳一段路,然后坦然的接受下一段束縛。親愛的,你懂了么?

  很多時候我也對自己產生了懷疑,不知道自己到底能不能很好的生存下去,然后在這個基礎上,還可以給親愛的一份很好的生活,我真的可以嗎?真的可以靠著我的文字生活?

  寒雨芭蕉風吹葉,屋外正涼,回身再添衣裳。天寒地凍柳葉黃,一夜雨打,誰人趕路匆忙。

  瑣事甚多正繁忙,長安何樣,一路狂聲高唱。欲飲溫酒見空殤,半世繁華,白首不離與她。

  青燈老去,孤獨無依。

頓悟的人生

  昨晚下了很大的雨,清晨淅淅瀝瀝地還沒停,我本來是很喜歡雨天的清涼,可是今天我哭了,也許是我的多愁善感造就了現在每天為感情所困的憂傷。


  早上來到辦公室,拿起了報紙,隨意的翻閱,忽然一個標題為“喀什微博救下連雲港割腕女”映入眼簾,後面附了一張照片——一直滴血的手、純白的床單上血跡斑斑。哦,女孩最終得救了,被好心的網友通過網絡及當地的警察救活了。看了之後,我的眼淚在眼圈裏打轉,愛本來是讓我們心心相通、快樂幸福的東西,可在現實中為了愛我們變得斤斤計較、胡攪蠻纏、失去理智、沒有自我Piano


  想想過去的我,和我的初戀本來是相親相愛的一對戀人,後面由於他的移情別戀,開始了血水相交的分別大戲。我喝了滿滿一瓶白酒,醉死在屬於我們的小屋,醒來時還是孤零零的一個人,他呢,那個曾經和我相濡以沫的男人呢,我找不到他,撥打他的電話沒有人接,發的短信如同石沉海底,到我所認識的他的朋友及他姐姐、父母那裏發了瘋似的到處找他,都沒有他的人影。拖著疲憊的身體回到了小屋,意外的發現他在,他回來拿屬於他的東西了。我撕心裂肺地喊道“不要離開我,你怎麼樣我都可以忍受,只要你不要離開我就行”,可是他還是無情的走了,帶著為他而割腕的女人走了,我服下了大量的安眠藥,就睡過去了,不想再醒來,當我再清醒的時候已經是7天之後,他的父母在我身邊照顧我、安慰我,我知道他們是在為自己的兒子,他們害怕我死了,最後他們拿走了屬於他兒子的一切東西,我行屍走肉地活著,漫無目標的遊蕩在大街上,家人終於知道了一切,要帶回家,我掙扎地不回去,我要找到他,一定要找到他,哥哥打了我一巴掌,把我弄回了家,在家裏我慢慢地我醒悟了,儘管還是很痛,但是我明白了很多,看看身上的傷口,我發誓我要過的很好,我要讓這個負心漢後悔不已,後悔沒有和我牽手一生暗瘡


  現在想起,我是幸運的,我沒有因此而頹廢,沒有因此而落寞,而且我現在過得很好,有房有車有兒子,我很幸福脫髮


カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R